金融機関コード:0522

費用と報酬

京葉銀行ファンドラップの費用と報酬

京葉銀行ファンドラップでお客さまにご負担いただく費用等には、運用資産の時価評価額や運用実績に応じてお客さまに直接ご負担いただく費用(京葉銀行ファンドラップに係る投資顧問報酬)と、投資対象である組入投資信託に投資することにより間接的にご負担いただく費用(京葉銀行ファンドラップに組入れる投資信託に係る費用)の2種類があります。
なお、この2種類の費用の合計額および上限額は、資産配分比率や投資信託の保有期間等に応じて異なりますので、あらかじめ表示することはできません。

京葉銀行ファンドラップに係る投資顧問報酬

  • 京葉銀行ファンドラップに係る投資顧問報酬には、固定報酬型と成功報酬併用型があり、お申込み時にお客さまにご選択いただきます。報酬タイプは年1回の決算日の5営業日前までにお申込みいただいた場合に限り、決算日の翌日からの変更が可能です。
  • 固定報酬型は、運用資産残高に比例した固定報酬のみをお支払いいただきます。
  • 成功報酬併用型は、固定報酬に加えて、運用実績に応じた成功報酬をお支払いいただきます。なお、成功報酬併用型の固定報酬率は、固定報酬型に比べて低く設定しております。
  • 当初運用開始日から2年を経過した日の属する計算期間の翌計算期間以降は、固定報酬型、成功報酬併用型ともにそれぞれ固定報酬については所定の固定報酬率の80%の料率を適用いたします(長期保有割引制度)。長期保有割引制度についてはこちら。
  • 固定報酬および成功報酬は、ともに待機資金を管理する別段預金から引落します。ただし、お客さまに請求することもあります。
  • プロフィットロック・ポイント、ロスカット・ポイントに到達後、待機資金モードにある間は、京葉銀行ファンドラップに係る投資顧問報酬のうち、固定報酬は発生しません。
  • 京葉銀行ファンドラップに係る投資顧問報酬は、投資一任契約に基づきお客さまに提供するサービスの対価です。京葉銀行ファンドラップにおいて、お客さまに提供する主なサービスは以下のとおりです。

京葉銀行ファンドラップの主な提供サービス

項目 提供主体 内容
コンサルティング 京葉銀行

お客さまの投資の目的や方針をお伺いし、「京葉銀行ファンドラップご提案書」を作成
最適なポートフォリオのご提案

契約締結 京葉銀行

法令に基づく説明・書面交付
投資一任契約締結の手続き

お客さまの
資産の運用
りそな銀行

投資環境や市場見通しの調査・分析等に基づいたリバランス、リアロケーションの実施
組入投資信託のモニタリング、組入投資信託の追加・除外の実施

契約管理 りそな銀行

お客さま毎の契約状況や残高の管理
ロスカット・ポイントやプロフィットロック・ポイント到達有無の管理

運用報告 りそな銀行
および
京葉銀行

運用報告書や運用報告資料の作成、交付
運用状況や投資環境のご説明
お客さま向けのセミナーの開催

1.固定報酬型

<固定報酬の計算方法>

計算基準日
毎年3月、6月、9月、12月の末日(銀行休業日の場合も末日)とします。
※契約終了時の計算基準日は終了事由によって異なります。詳細は契約締結前交付書面をご覧ください。
計算期間
当初運用開始日から運用開始後最初に到来する計算基準日までを初回計算期間とし、以降、前回計算基準日の翌日から次に到来する計算基準日までを計算期間とします。
お支払い時期
原則として計算基準日が属する月の翌月の第8営業日、契約の終了の場合は契約終了の前営業日まで
計算方法

※1 端数は円未満切捨て ※2 各計算期間中の運用資産の時価評価額の平均残高。なお、12月最終営業日から12月末日までのそれぞれの日における運用資産の時価評価額は、12月最終営業日の前営業日の時価評価額を適用して、計算基準額を算出します。

固定報酬率(年率、税込)
計算基準額 運用スタイル
慎重型 慎重型以外
2,000万円以下の部分 0.9570% 1.3200%
2,000万円超5,000万円以下の部分 0.9570% 1.2650%
5,000万円超1億円以下の部分 0.9570% 1.1550%
1億円超3億円以下の部分 0.9570% 0.9570%
3億円超の部分 0.6600% 0.6600%

※計算基準日時点の運用スタイルに応じた固定報酬率を、当該計算基準日が属する計算期間について適用します(当該計算期間中に運用スタイルを変更した場合でも、変更前と変更後において異なる固定報酬率を適用することはいたしません)。

固定報酬型における投資顧問報酬計算例(税込)

当初運用開始日:2023年1月20日 契約金額:500万円 運用スタイル:慎重型の場合

  2023年1月20日~
2023年3月31日
2023年4月1日~
2023年6月30日
2023年7月1日~
2023年9月30日
2023年10月1日~
2023年12月31日
投資顧問報酬合計(注)
計算期間(日数) 71 91 92 92
計算基準額 5,020,000円 4,990,000円 5,120,000円 5,080,000円
固定報酬額 9,345円 11,905円 12,350円 12,253円 45,853円

※上記は固定報酬型における投資顧問報酬の計算方法を説明するための仮定の事例です。
※固定報酬を計算する際の計算基準額は、計算期間中の運用資産の時価評価額の平均です。上記の表における各計算期間の固定報酬の計算基準額はいずれも仮定の金額であって、契約金額が500万円である場合においても、実際の計算基準額が上記の表における計算基準額を上回ることも下回ることもあります。実際の計算基準額が上記の表における計算基準額と異なれば、実際の投資顧問報酬は上記の表と異なる金額となります。
※実際の投資顧問報酬額は、四半期ごとにお届けする「京葉銀行ファンドラップ運用報告書」にてご確認いただけます。
(注)上記事例における2023年1月20日から2023年12月31日までの投資顧問報酬額の合計です。

2.成功報酬併用型

<固定報酬の計算方法>

※固定報酬部分の計算方法について、報酬率以外は1.固定報酬型の<計算方法>と同様です。

固定報酬部分の報酬率(年率、税込)
計算基準額 運用スタイル
慎重型 慎重型以外
2,000万円以下の部分 0.8470% 1.2100%
2,000万円超5,000万円以下の部分 0.8470% 1.1550%
5,000万円超1億円以下の部分 0.8470% 1.0450%
1億円超3億円以下の部分 0.8470% 0.8470%
3億円超の部分 0.5500% 0.5500%

※計算基準日時点の運用スタイルに応じた固定報酬率を、当該計算基準日が属する計算期間について適用します(当該計算期間中に運用スタイルを変更した場合でも、変更前と変更後において異なる固定報酬率を適用することはいたしません)。

<成功報酬の計算方法>

計算基準日
年1回の決算日とします。
※契約終了時の計算基準日は終了事由によって異なります。詳細は契約締結前交付書面をご覧ください。
計算期間
当初運用開始日から運用開始後最初に到来する計算基準日までを初回計算期間とし、以降、前回計算基準日の翌日から次に到来する計算基準日までを計算期間とします。
お支払い時期
原則として計算基準日が属する月の翌月の第8営業日、契約の終了の場合は契約終了の前営業日まで
計算方法

■ HWMとは、成功報酬の対象となる超過収益を計算する基準となる値です。計算基準日における計算基準額がHWMを上回っている場合のみ、その上回った金額に成功報酬率(消費税込)を乗じた金額を成功報酬としてご負担いただきます。
■ 当初運用開始時のHWMは契約金額相当額です。契約金額の変更(増額・減額)があった場合、その時点のHWMから当該金額を増減した金額を新たなHWMとします。
■ 成功報酬が発生した場合、計算基準日の計算基準額から当該成功報酬額を控除した金額が翌期以降のHWMとなります。計算基準日の計算基準額がHWMと同じか下回っている場合には、成功報酬は発生せず、HWMも変更されません。
■ 固定報酬型から成功報酬併用型へ報酬タイプの変更のお申込みをされた場合、変更後の報酬タイプは変更申込後に最初に到来する決算日の翌日から適用され、当初のHWMはかかる決算日の時価評価額となります。

※3 端数は円未満切捨て ※4 原則として、計算基準日の運用資産の時価評価額。なお、12月最終営業日から12月末日までのそれぞれの日における運用資産の時価評価額は、12月最終営業日の前営業日の時価評価額を適用して、当該日が計算基準日となる場合の計算基準額を定めます。 ※5 ハイ・ウォーター・マーク

成功報酬率(税込)
超過収益に対して、11.0%
報酬お支払い時期のイメージ図

成功報酬併用型における投資顧問報酬計算例(税込)

当初運用開始日:2023年1月20日 契約金額:500万円 運用スタイル:慎重型
決算日:12月末日 決算日時点のHWM:500万円の場合

<決算日の運用資産の時価評価額がHWMを上回っていた場合>

  2023年1月20日~
2023年3月31日
2023年4月1日~
2023年6月30日
2023年7月1日~
2023年9月30日
2023年10月1日~
2023年12月31日
固定報酬の
計算期間(日数)
71 91 92 92
固定報酬の
計算基準額
5,020,000円 4,990,000円 5,120,000円 5,080,000円
固定報酬額 8,270円 10,537円 10,930円 10,845円
成功報酬の
計算基準額
①5,050,000円
成功報酬額 ②5,500円
翌計算期間のHWM(①-②) 固定報酬合計(注1) 投資顧問報酬合計(②+③)(注2)
5,044,500円 ③40,582円 46,082円

<決算日の運用資産の時価評価額がHWMを下回っていた場合>

  2023年1月20日~
2023年3月31日
2023年4月1日~
2023年6月30日
2023年7月1日~
2023年9月30日
2023年10月1日~
2023年12月31日
固定報酬の
計算期間(日数)
71 91 92 92
固定報酬の
計算基準額
5,020,000円 4,990,000円 5,120,000円 5,080,000円
固定報酬額 8,270円 10,537円 10,930円 10,845円
成功報酬の
計算基準額
4,950,000円
成功報酬額 ④0円
翌計算期間のHWM 固定報酬合計(注1) 投資顧問報酬合計(④+⑤)(注2)
5,000,000円 ⑤40,582円 40,582円

※上記は成功報酬併用型における投資顧問報酬の計算方法を説明するための仮定の事例です。
※固定報酬を計算する際の計算基準額は計算期間中の運用資産の時価評価額の平均、成功報酬を計算する際の計算基準額は計算基準日の運用資産の時価評価額です。上記の表における計算基準額はいずれも仮定の金額であって、契約金額が500万円である場合においても、実際の計算基準額が上記の表における計算基準額を上回ることも下回ることもあります。実際の計算基準額が上記の表における計算基準額と異なれば、実際の固定報酬額、成功報酬額は上記の表と異なる金額となります。
※実際の投資顧問報酬額は、四半期ごとにお届けする「京葉銀行ファンドラップ運用報告書」にてご確認いただけます。
※成功報酬が発生した場合、計算基準日の計算基準額から成功報酬額を控除した金額が、翌期のHWMとなります。成功報酬が発生しなかった場合、HWMは変更されません。
(注1)上記事例における2023年1月20日から2023年12月31日までの固定報酬額の合計です。
(注2)上記事例における2023年1月20日から2023年12月31日までの投資顧問報酬額(固定報酬および成功報酬)の合計です。

費用の詳細については、最新の契約締結前交付書面をご確認ください。

京葉銀行ファンドラップに組入れる投資信託に係る費用

投資対象となる組入投資信託およびその投資対象となる他の投資信託の信託報酬(投資信託の各信託財産の純資産総額に対し、スタンダードコースは組入投資信託について年率0.275%~0.660%(税込)、プレミアムコースは組入投資信託およびその投資対象となる他の投資信託について合計で概算年率0.330%~1.4135%(税込))を間接的にご負担いただきますが、その合計額は資産配分比率や投資信託の保有期間等に応じて異なりますので、あらかじめ表示することはできません(上記の組入投資信託およびその投資対象となる他の投資信託の信託報酬は、いずれも2022年6月27日現在のものです)。その他、組入投資信託およびその投資対象となる他の投資信託の監査報酬、有価証券等の売買に係る手数料、資産を外国で保管する場合の費用等が発生しますが、これらについては運用状況等により変動するため、事前に料率等を示すことができません。

詳細については、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ご注意事項

お問い合わせはこちら
投資信託商品に関するお問い合わせ
0120-858-201

受付時間 9:00~17:00(月~金)

(土・日・祝日および12月31日~1月3日は除きます)

資産運用に関するご相談

店舗・ATMのご案内

金融犯罪にご注意ください。
金融犯罪はあなたも被害者になるかもしれません