文字サイズ

ダイバーシティ推進・働き方改革に向けた取り組み

健康経営

労働安全衛生法に基づいた取り組みのほか、1歩踏み込んだ健康管理により、行員の健康意識を高めています。

1. 巡回健康相談

産業医契約を結んでいる病院との緊密な連携の下、各種データを共有したうえで、健康相談として保健師が巡回しています。

2. 人間ドック受診制度

行員の健康確保のため、従来より35歳以上の行員を対象に費用補助により人間ドックの受診推奨を行っています。40・45・50歳の行員に対しては指名人間ドックとして、受診日を特別有給休暇扱いにするとともに、部下行員の受診の有無を管理職の人事考課項目に設けるなど受診を徹底しております。

3. 治療と仕事との両立支援

通院・療養と仕事との両立を容易にするためのメディカルケア休暇、不妊治療と仕事との両立を容易にするためのチャイルドプラン休暇は、有給休暇扱いで1日、半日、時間単位で柔軟に取得することが可能です。

  • IR情報に関するお問い合わせ
  • 京葉銀行の「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」