京葉銀行 金融機関コード:0522

京葉銀行SDGs寄付型私募債のご案内

私募債手数料の発行により
社会貢献

京葉銀行SDGs寄付型私募債

京葉銀行SDGs寄付型私募債は、当行が私募債を発行される企業さまから受け取る手数料の一部
(私募債発行額の0.2%)を拠出し、医療・福祉施設、地域の学校や地方公共団体、
または公益的な活動を行う法人団体へ寄付を行うもので、寄付先については
発行企業さまにお選びいただくことができます。
長期の安定資金を確保できるとともに、SDGsに対する取り組み姿勢を広くアピールできる商品です。

私募債発行に伴い当行が受け取る手数料の一部をSDGs達成に向けて取り組む法人・団体に寄付をします 。

持続可能な
開発目標SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジエンダ」にて
記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169の夕一ゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、
日本としても積極的に取り組んでいます。

私募債とは

私募債とは一般の投資家を対象とした公募債(証券会社を通じて広く一般に募集される社債)とは違って、
少人数の投資家が直接引き受けることによって発行される社債です。

私募債の種類 内容
私募債の種類銀行保証付
私募債

内容

企業が発行する社債の元利金支払を、銀行等金融機関が保証することにより、無担保での社債発行を可能とするスキームです。財務代理人手数料や引受手数料等の各種手数料のほか、保証銀行に対しての保証料を支払う必要があります。

私募債の種類銀行・保証協会共同保証付
私募債

内容

  • ・中小企業特定社債保証制度に基づき、信用保証協会並びに金融機関による共同 保証を付して発行する私募債です。
  • ・財務代理人手数料や引受手数料等の各種手数料のほか、信用保証協会に対しての保証料を支払う必要があります。

京葉銀行SDGs寄付型私募債の
発行メリット

メリット1
CSR活動のPR
本商品を通じて、CSR活動に取り組まれる姿勢を広くアピールすることができます。
メリット2
評価・知名度の向上
私募債の発行は、一定の適債基準を充足した優良企業に限られるため、優良企業であることの証明、信用力の高さを対外的にアピールできます。
メリット3
節税効果
社債発行費は発行年度に営業外費用として一括処理する方法と、繰延資産に計上する方法を選択可能。(貴社顧問税理士にご確認ください。)

商品概要

商品概要 銀行保証付
私募債
信用保証協会
保証付私募債
名称 京葉銀行SDGs寄付型私募債
取扱期間 2022年3月発行分まで
対象企業 本趣旨にご賛同いただき、当行所定の基準を満たす法人のお客さま
発行金額 5千万円以上 3千万円以上5億円以下
償還方法 期日一括償還または定時償還
資金使途 事業資金
金利 当行所定の固定金利(審査により決定いたします)
手数料 当行所定の手数料(審査により決定いたします)
期間 2~5年 2~7年
寄付 取扱期間中の本私募債発行総額の0.2%を当行が拠出し寄付
寄付者 京葉銀行
寄付先 発行企業さまが指定するSDGsに取り組む法人・団体で、当行が認める先
原則、当行営業地域内の医療・福祉施設・公益的な活動を行う法人・団体、
幼稚園・保育園、小・中・高等学校・大学等、スポーツチーム等の団体、
地方公共団体
その他 本商品に係る寄付は発行企業の寄付金控除の対象とはなりません

ご利用の際には、当行所定の審査手続きが
必要となります。

SDGs私募債 発行企業一覧

(2021年3月発行分まで)

「わからない!と思ったらお気軽に」 お電話によるご相談・お問い合わせ

0120-8789-56

受付時間
月~金  9:00~21:00 ※17~21時は日本ATM(株)で受け付けいたします。 (土・日祝日および12月31日~1月3日は除きます)

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号加入協会:日本証券業協会

金融犯罪にご注意ください金融犯罪はあなたも被害者になるかもしれません

もっと詳しく

このページのトップへ戻る