文字サイズ

情報開示方針

当行は、お客さま、地域社会、株主の皆さま、従業員をはじめとする全てのステークホルダーからの信頼をより確かなものとするため、高いコンプライアンス意識のもと、透明性が高く、公正かつ効率的で健全な経営の実践に努め、情報開示に関する関係法令及び証券取引所規則等を遵守するとともに、適切な情報開示統制の構築・運用に取り組んでまいります。

開示情報の基準

インサイダー取引規制の対象となる情報及び決算情報をはじめとする、有価証券の価額に重要な影響を与える情報のほか、お客さま、株主、投資家等皆さまの投資判断に実質的な影響を及ぼすと当行が判断した情報を「重要情報」と位置付け、適時適切に開示を行います。
こうした関係法令等に基づく会社情報の開示だけではなく、経営方針や事業内容に対するステークホルダーの理解を深めるために、開示することが有用であると判断される情報についても、適時性と公平性を踏まえ積極的に開示を行うように努めます。

情報開示の方法

会社情報開示に関する関係法令及び証券取引所規則等において開示が求められる情報については、それぞれ適切な方法で開示を行うとともに、当行Webサイトにも開示後速やかに掲載いたします。この他にも、必要に応じてニュースリリースの配信や、記者会見及び説明会の実施等、適宜・適切な方法を用いて会社情報を開示いたします。

社内体制の整備

本方針を実践するため、必要となる社内体制の整備・充実に努めてまいります。

  • IR情報に関するお問い合わせ
  • 京葉銀行の「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」