マネー・ローンダリング等防止ポリシー

当行は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネー・ローンダリング等」といたします。)対策を経営の最重要課題の一つとして位置付け、強固な内部管理態勢を構築すべく、経営資源を配分するとともに、自らの業務についての不断の検証と改善によってこれに取り組んでまいります。

1.関係法令等の遵守

当行は、犯罪による収益の移転防止に関する法律や外国為替及び外国貿易法ならびに関係するすべての法令・規則等を遵守します。

2.態勢の整備

当行は、取締役会をはじめとする経営陣がマネー・ローンダリング等防止を有効に実施するための態勢の整備に責任を持つとともに、一切を統括・管理する責任者及び統括部署を設置して関係会社を含め一元的な管理を行い、あわせてマネー・ローンダリング等防止に関する部署の責任者・担当者の役割及び責任を明確にし、関係部署が適切に連携・協働してマネー・ローンダリング等防止を実施してまいります。

3.顧客管理

当行は、法令に基づき取引時確認を実施したうえで、取引の内容・状況等に応じて追加の確認を行います。また、取引モニタリング・フィルタリング等の手法により、リスクベース・アプローチの考え方に基づき、必要なリスク低減措置を実施してまいります。

4.コルレス契約先の管理

当行は、コルレス先の情報を収集し、評価を適切に行って必要に応じてリスクに応じた対応を行います。

5.研修等の実施

当行は、役職員が適切にマネー・ローンダリング等防止に関する業務が遂行できるよう研修を実施し、役職員に関する理解度の向上と知識の定着を図ってまいります。

6.内部監査の実施

当行は、マネー・ローンダリング等防止の状況について、定期的に内部監査を実施してその適切性・有効性を検証し、更なる態勢の向上に努めます。