文字サイズ

その他のお知らせ

2016/06/01

渉外担当者へ「CRM用タブレット端末」が導入完了

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、営業支援システムを搭載した「CRM用タブレット端末」を導入し、渉外担当者全員に配備しました。

導入完了月  平成28年5月
対象者  渉外担当者 約400人

【背景】
○ITへの積極的な取り組みの一環
 お客さま目線に立ち、長期的かつ良好な関係の構築・継続(CRM)を図る事を目的に、新たな営業支援システムの稼働を平成26年8月より開始。今般、同システムをタブレットに搭載し、外訪先からも閲覧可能とすることで、営業効率の向上を図りました。

【目的】
○業務効率向上によるコンサルティング体制の強化
 渉外担当者の外訪時にお客さま関連書類を印刷する手間を省きます。また今後は、地図情報との連携や、契約時の電子署名など「ペーパーレス化」を積極的に図り、渉外担当者がコンサルティングに特化できる営業環境体制を築きます。

【概要】
○業務効率化とセキュリティ強化
 ・行内情報にアクセス可能な「CRMタブレット」の特性を活かし、今後在宅勤務の試行などにも着手し、さらなる業務効率化を図ります。
 ・シンクライアントシステムを利用したネットワーク構成で、端末のセキュリティは万全を期しています。

【タブレット端末】
 機種:ipad Air2
 台数:400台