文字サイズ

その他のお知らせ

2016/03/31

新たなテーマにより、京葉銀行「ショーウィンドーギャラリー」がスタート!

  株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)では、芸術や文化を発信する場所として、「本店」および「千葉みなと本部」のショーウィンドーにギャラリーを設置し、「日本の生活」や「日本の伝統」をテーマに、私たちの暮らしの中に見られる伝統的な良きものをご紹介しております。

【平成28年度のテーマ(本店・千葉みなと本部共通)】
  日本の伝統工芸の古来の技術を、いかに伝え続けていくか、どのように発展させていくか、という“伝承”“承継”の観点から、『日本のものづくり/伝わる場所』をテーマといたしました。
  “ものづくり”としての伝統が伝わる場所に焦点をあてながら、伝統工芸品などが生み出された時代背景や文化、受け継がれてきた歴史とともに現代の新しい感性を取り入れた、優れた技の美しきもので季節を表現いたします。

【第1期・・・4月~6月(本店・千葉みなと本部共通)】
*『楽しく』春を表現した構成といたします。

・有 田 焼×佐賀県

・甲州織物×山梨県

・京 友 禅×京都府

・竹   籠×栃木県

・木  撥×千葉県
 
   なお、第2期以降は、『涼しく』夏を、『美味しく』秋を、『暖かく』冬を表現した構成としていく予定です。また今回の木撥のように、毎期「千葉県」の伝統工芸品もご紹介いたします。

  本店と千葉みなと本部のテーマは昨年同様連動させますが、デザインや伝統工芸品を変え、双方に足を運んでいただき、それぞれの「季節」を感じていただくとともに、ショーウィンドーを通じて、“ものづくり”や“生み出された場所”の素晴らしさが伝わるよう、努めてまいります。

【千葉みなと本部ショーウィンドーギャラリー】zenkei

kibachi

※準備が整い次第、ホームページ内の「ショーウィンドーギャラリー」でもご紹介いたします。