文字サイズ

その他のお知らせ

2015/12/03

県内金融機関初!官民ファンド「クールジャパン機構」への出資のお知らせ

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、日本の魅力“クールジャパン”の海外での事業化を支援する官民ファンド「株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)」に対して、県内金融機関では初めてとなる出資を実施いたしました。


【目的】

千葉県経済の発展への貢献
 世界各地でジャパンブームを盛り上げ、インバウンド観光客を呼び込むクールジャパン戦略の一役を担うことが県内企業の支援につながるとともに、千葉県をはじめ各市町村や関係諸団体と、クールジャパン機構ならびに当行が協働することで県内経済の発展へ貢献できるものと考えております。
地方創生の推進
 観光の活性化は、そのエリアの「街おこし」と県内全域の「地方創生」につながります。
 当行は2015年9月に、株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)と連携し、観光活性化ファンドを組成していることからも、今回、両機構との連携を通じて、より効果的なインバウンド誘致の展開を図るとともに、千葉県の特色を活かした地域活性化モデルの構築を目指していきます。

海外進出企業への積極支援
 海外進出をする(または既にしている)企業に対するハンズオン支援など、新たな体制を加えた充実のサポート体制を整備し、海外展開の支援に貢献していきます。


【出資概要】

出資先 株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)
出資日 2015年11月19日(木)
出資額 1億円
取得株数 普通株式 2,000株
出資期限 2034年3月31日(ファンド存続期間に準ずる)


【地域活性化モデルイメージ図】(「千葉県版クールジャパン」モデル)
cool.png

 

 京葉銀行ではこれからも、地域金融機関として千葉県の恵まれた環境を活かし、地域経済の持続的成長に貢献してまいります。