文字サイズ

その他のお知らせ

2015/10/27

法人向けインターネットバンキングのセキュリティ強化について

~国内初! セコム・プレミアムネット®とワンタイムパスワードの併用~ 

  株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、平成28年2月を目途に、法人向けインターネットバンキング(アルファビジネスダイレクト)のセキュリティ対策として、セコム株式会社(社長 伊藤博/東京都渋谷区)様とセコムトラストシステムズ株式会社(社長 泉田達也/東京都渋谷区)様が提供するインターネットバンキングの安全対策「セコム・プレミアムネット®」を県内金融機関で初めて採用し、サービスを開始します。
  なお、本サービスと現在提供するワンタイムパスワード(ハードウェアトークン)の併用によるセキュリティ強化運用は、国内で初めての取り組みになります。

【背景】
  ITが日常生活に浸透し急速に発展する反面、サイバー犯罪による不正送金被害は急増し、全国の昨年1年間での被害は1,876件、約29億円と過去最悪のなか、特に法人の被害が大きな割合を占めています。(警察庁ホームページより)
  新種のウイルスによるもの等、巧妙な手口による発生も増えており、さらなる有効なセキュリティ対策の強化・整備が急務となっています。
  ※当行のインターネットバンキングご利用における不正送金被害は発生しておりません。(平成27年9月末現在)

【目的】
  当行は、千葉県の地域金融機関として、地域の企業の皆様へ、強固なセキュリティ対策の普及を促進し、サイバー犯罪による不正送金被害の抑制を図り、安心・安全な経済活動への環境を整備することを目的としております。

【セコム・プレミアムネット®について】
  「セコム・プレミアムネット®」は、セコム株式会社およびセコムトラストシステムズ株式会社が、銀行等金融機関のインターネットバンキングを「安全・安心」に利用できる専用環境を構築し、サイバー犯罪による不正送金等の被害を防止するサービスです。
(特徴)
・セコム株式会社の提供する専用USB端末を事業者様のパソコンに接続し使用します。
・専用USB端末には、“「ホワイトリスト方式(※1)」による接続規制”と“通信の暗号化”を行う機能に加え、特殊なOSが搭載され、その起動により、パソコン内蔵のOSを使用しないため、フィッシング詐欺や通信の盗聴を防ぐだけでなく、新種のウイルスなどによる様々な攻撃を防ぐことが出来ます。
・万一、「セコム・プレミアムネット®」利用中に不正送金の被害に遭った場合には、セコム株式会社による規定の条件のもと、同社が盗難保険契約を締結している保険会社より、1法人あたり年間1,000万円を上限とする保険金が支払われます(※2)。
・セコム株式会社による24時間365日の有人オペレーション体制によるサポートです。
 
  なお、当行では本サービスを、法人向けインターネットバンキングの契約者様を対象に、月額500円(税別)にて提供する予定です。

(※1)サイバー犯罪の対策としては、発生した事象にのみ策を講じる「ブラックリスト方式」が一般的ですが、「セコム・プレミアムネット®」は発想を転換し、接続先を完全規制する「ホワイトリスト方式」を採用、事業者様のパソコンとインター ネットバンキングのサーバ間について、外部からアクセスされる余地のない万全な環境の提供が可能となります。
(※2)当行では、「セコム・プレミアムネット®」利用時と関係なく、法人インターネットバンキングのご利用における不正利用による被害について、当行所定の条件のもと補償いたします。法人向けインターネットバンキングにおける当行の補償については、こちらをご覧ください。

【セコム・プレミアムネット®のサービスイメージ】secom
 京葉銀行は、今後も、お客様とより一層広く、深く接点を持ち、ソフト・ハード両面から各種施策に取り組んでまいります。