文字サイズ

その他のお知らせ

2015/09/15

ちばプロモーション協議会が主催する“おもてなし運動”への参加について

~“オール千葉”による、明るい挨拶と最高の笑顔で来訪者をお迎え!~

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、ちばプロモーション協議会(会長 千葉県知事 森田健作)が主催する“おもてなし運動”に、平成27年9月24日(木)より参加いたします。

【背景】
  千葉県では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで3競技の開催が決定されています。
  それを受け、ちばプロモーション協議会では、来訪者が心から満足し、何度でも再訪してもらえるよう、県内の企業・施設・団体の参加協力により協議会が一体となって“おもてなし運動”を本年7月より実施しています。

【目的】
  当行では、本年4月より第17次中期経営計画をスタートさせ、経営課題の一つに 「地域経済活性化への積極的な貢献」を掲げ、また同4月には地域経済活性化支援機構と「千葉県における観光による地域活性化」に関する連携協定を締結しております。
  観光客誘致の面からも本運動の趣旨に賛同し、地域金融機関としてサポートの役割を果たしていくものです。

【当行の実施内容】
  本運動に参加する皆さまと同様に、“オール千葉”で“おもてなし力”の向上に向けた取り組みとして、下記内容の実施を予定しています。
    ・県内118の全ての支店、出張所およびローンプラザ内に、「千葉おもてなし宣言」(共通宣言)を掲示。
    ・窓口やロビー担当者等は、おもてなし運動PRバッジを着用。
    なお、実施は、東京オリンピック・パラリンピックの終了までを予定しています。

  京葉銀行では、これからも地域金融機関として千葉県の観光事業の活性化に寄与すべく、さまざまな施策に取り組んでまいります。