文字サイズ

その他のお知らせ

2015/03/06

「介護報酬改定と医療・介護連携について」のセミナー開催

~現場の最前線で活躍する講師の実体験を踏まえた講演~


 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、医療・介護事業者への経営サポートの一環として、平成27年3月19日(木)に医療・介護セミナーを開催いたします。

【背景】
 本年4月の改定で介護報酬が引き下げとなることが決定(個別の報酬については今後公表予定)しており、昨年の診療報酬改定も踏まえると、介護・医療業界全体で収益増強に向けた取り組みを今後加速させていかなければなりません。

【目的】
 これまで大病院に偏りのあった診療を在宅医療へシフトし、地域全体での支援体制である地域包括ケアシステム(※)の構築・発展が期待されているなか、ますます医療・介護の連携強化が重要となっております。
(※)24時間対応の在宅医療、訪問看護などの充実、特養などの介護拠点の整備、できる限り要介護にならないための予防の取り組みや自立支援型の介護の推進など、地域で入院、退院、在宅復帰を通じて切れ目ないサービスを支援する体制。

【医療・介護セミナーについて】
 昨年12月に開催した医療・介護セミナーの好評をうけ、本セミナーについても現場の最前線で活躍する講師をお招きし、“収益力の低下”や“医療・介護連携が上手くいかない”などのような、医療機関・介護事業者が直面する課題に対する実践的なセミナーを企画しております。
 また、セミナー当日は、会場後方にブースを設け、医療・介護分野向けに事業を展開する企業に“勤怠管理システム”や“介護食”などの商品・サービスを展示していただき、経営環境の大きな変化が見込まれる時期において、参加される方へさまざまな有益な情報提供をすることで地域貢献に努めてまいります。

【セミナー概要】

日時 平成27年3月19日(木) 13:30~16:30(受付開始13:00)
会場 ホテルポートプラザちば 2階「ロイヤル」
定員 70名 ※定員となり次第締切となります。
講師 【第一部】社会福祉法人九十九里ホーム 理事長 井上峰夫氏
      「医療と介護の連携強化について」
      「医療機関が運営する介護事業の必要性」
【第二部】株式会社リビングプラットフォーム 代表取締役 金子洋文氏
      「介護報酬改定の概要」
      「医療機関と連携する施設運営の具体的事例」
参加費 無料

 

 当行ホームページからお申し込みいただけます。