文字サイズ

その他のお知らせ

2014/12/16

当行オリジナル「おこづかい帳」の配布について

~さらなる地域貢献および金融教育の一環として、地域のお子さまへプレゼント!~

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は平成26年12月22日(月)より、来店されるお客さまに対し、ご家族のコミュニケーションツールのひとつとして「おこづかい帳」をプレゼントいたします。

【背景】
  当行では、中学生向けには「出張授業」を、小学生向けには「子ども探検ツアー」を、また、街の開発から携わっている新船橋地区のお子さまには「夏休みお仕事体験」などを行い、お金の仕組みや銀行の役割について伝える機会を通じて、地域貢献ならびに金融教育活動を行っております。

【目的】
  多くの人が一度は“使う”であろう「おこづかい帳」を、当行がその“使う”きっかけをつくることで、小さなお子さまでも、お金を管理し、大切さを知り、お金の計算を自然と身につけ、目標に向かって続けることの大切さを理解することを目的としています。
  また、LINEをはじめとした若年層向けの取り組みや、住宅ローンの取り組みを強化している当行にとって、より多くの若い世代のお客さまに対し「京葉銀行」を知っていただき、永いお取引を続けていただくことが大切だと考えます。

【おこづかい帳の特徴】
  「銀行」を身近に感じて欲しいとの思いから、当行の実際の通帳と同じ形にするとともに、デザインに「チーバくん」を使うことで親しみをもって使ってもらえるおこづかい帳にいたしました。
①“自分で持てる通帳”として、お金はもちろんのこと、通帳自体も大事に管理していただくことができます。
②付属のシールを貼ることで“自分だけの通帳”を作成していただくことができます。
③1冊分続けることによる達成感や、欲しいものに向かって努力していくことが自然と身につきます。
④ご家族でお金に関する約束を記載するページもありますので、約束を決めることによって、お子さまのやる気も増進するとともに、ご家族でお金について考えるきっかけになります。
   また、当行で行っている「子ども参観日“αバンク体験ツアー”」や「夏休みお仕事体験」などに参加してくださったお子さまの意見を参考に、簡単なお金のクイズを6問出題しております。今回は文章や絵などのデザインを小学校低学年を意識して制作しており、全体で12,000冊ご用意し、各営業店でプレゼントいたします。

  これからも老若男女問わず、地域のお客さまとのふれあいを大切に、お客さまにとってより親しみのある銀行であり続けます。

①おこづかい帳・シール(セットでプレゼント)
261216

②おこづかい帳中面
261216 2