文字サイズ

その他のお知らせ

2014/11/26

外部専門家との連携による経営支援の取り組み強化について

~“地域が協働する観光地づくり”をテーマとしたセミナーを開催~

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、東日本大震災からの復興を加速化させる中、被災地域の状況やニーズをきめ細かく把握分析し、企業にとって真に有益なアドバイスや企業の適切な戦略に沿った支援に取り組んでいます。今回は中小企業のための経営相談所である千葉県よろず支援拠点と連携し、中小企業の再生等のサポート体制強化を図るため、“地域が協働する観光地づくり”をテーマとしたセミナーを当行が共催し、開催します。

【背景】
千葉県内の観光地では、東日本大震災によって引き起こされた風評被害をきっかけに観光客が減少しております。足元ではアクアラインの料金の値下げが継続されていることもあり徐々に回復しているものの、震災前の状態には戻っていないのが現状です。
前回の平成23年11月には、東日本大震災により多大な影響を受けている南房総地区の観光業者向けに“集客”をテーマとしたセミナーを開催、多数の方に参加いただきました。観光客増加だけでなく、経営者の悩みは常々その先を見据えたトップラインの改善、震災前の売上回復です。


○観光業向け無料セミナーの概要(詳細はこちら

 対象者   観光業(ホテル・旅館業など)の経営者、担当者
 開催日時   平成26年12月2日(火) 13:30~17:00
 テーマ   地域が協働する観光地づくりのヒントとは
 講師   有限会社日間賀観光ホテル
  元代表取締役社長 中山勝比古 氏
 会場   館山商工会議所
   館山市八幡821-7
 定員   30名
 申込先   京葉銀行 館山支店 TEL 0470-22-7611

以 上