文字サイズ

その他のお知らせ

2014/05/20

本部機構の一部改定について

 株式会社 京葉銀行(頭取 小島 信夫)は、現在推進中の第16次中期経営計画「α ACTION PLAN 2015 ~持続的成長の実現に向けた新たな挑戦~」に掲げた経営課題に的確に対応していくため、本部機構の一部改定を行いますので、お知らせいたします。

 当行はこれまでも、地域金融機関としての公共的使命を果たすべく、お客さまの安全性と利便性に配慮した経営を実践してまいりました。今後についても、来年2月に竣工する新本部・事務棟「千葉みなと本部」を中核に、将来の金融環境の変化に適切に対応できる態勢を構築するとともに、引き続き、お客さま目線の総合金融サービスの提供に努め、地域経済の活性化へ貢献してまいります。

1.主な改定の概要及び目的
 (1)「次世代システム開発室」の新設
 2018年に稼働予定の「次世代勘定系システム」の開発に際し、専門部署を新設し、将来の金融環境の変化や大規模災害時に、迅速かつ柔軟に対応できるシステム基盤の構築を目指してまいります。
 併せて、この開発プロジェクトを通じて、当行の将来を担うIT人財を育成し、システムリスク管理態勢のさらなる高度化を図ってまいります。

 (2)「リテール戦略グループ」と「IT・チャネル企画グループ」の新設
 これまで営業企画部内に属していた「商品サービスグループ」と「チャネル開発グループ」を発展的に解消し、「リテール戦略グループ」と「IT・チャネル企画グループ」を新設いたします。
 店舗、ATM、パソコン、スマートフォンなど、多様なチャネルとITを一体的・戦略的に活用し、お客さまのライフステージに応じた最適な商品、サービスをこれまで以上にタイムリーにご提供できる態勢を構築してまいります。

 (3)「融資第一部」と「融資第二部」の統合
 昨今の不良債権の大幅な減少を受けて、これまで不良債権の管理業務を担ってきた「融資第二部」を「融資第一部」と統合し、「融資部」として再編成いたします。

 (4)「営業渉外グループ」と「法人推進グループ」の統合
 地方公共団体との連携や地域情報の収集を強化し、情報活用による本部営業の推進を図るため、営業渉外部内の「営業渉外グループ」と「法人推進グループ」を統合し、「営業渉外グループ」とします。

 (5)「内部統制室」のリスク管理部への編入
 これまで経営企画部に属していた「内部統制室」をリスク管理部へ編入することで、内部管理態勢のさらなる高度化を図ってまいります。

2.改定日
 平成26年6月27日(金)

3.新機構図
 こちらをご参照願います。 pdf