文字サイズ

その他のお知らせ

2013/05/23

本部機構の一部改定について

 株式会社 京葉銀行(頭取 小島 信夫)は、現在推進中の第16次中期経営計画「α ACTIONPLAN 2015」にて掲げた経営課題の1つである「地域経済活性化への貢献」の実現へ向けて、本部機構の一部改定を行いますので、お知らせいたします。
 当行はこれまでも、地域金融機関としてお客さまのライフステージに応じた最適なソリューションの提供に努めてまいりました。今回の再編を通じ、法個人一体のコンサルティング業務のさらなる強化を図るとともに、引き続き社会の変化に対応し、お客さま目線を重視したスピード感のある経営を実践することで、千葉県経済の成長へ貢献してまいります。

1.主な改定の概要及び目的
(1) 成長戦略推進部の新設
地域のお客さまのさらなる成長と活性化へ貢献すべく、支店支援部を発展的に解消し、成長戦略推進部を新設します。
営業店と連携し預貸金業務とコンサルティング業務の相乗効果を図り、地域経済の成長を、お客さまとともに実現していきます。
(2) コンサルティング営業グループの新設
法人のお客さまのコンサルティング部門であった「営業渉外部ビジネスサポートグループ」と、個人のお客さまのコンサルティング部門であった「支店支援部お客様サポートグループ」を成長戦略推進部に内包、再編成し、「成長戦略推進部コンサルティング営業グループ」を新設します。
専門知識を有する人材を集約し、営業店と連携したコンサルティング業務を中心とする成長戦略の推進部門として、法個人のお客さまの相談ニーズ(相続・事業承継、成長分野、ビジネスマッチング、年金、資産運用、保険関連等)にワンストップでお応えしていきます。
   (3) 営業戦略グループへの改編
営業店の支援・指導を行ってきた「支店支援部支店支援グループ」を、「成長戦略推進部営業戦略グループ」に改編します。
営業店と連携した預貸金業務を中心とする成長戦略の推進部門として、地域のお客さまの多様なニーズに即した金融仲介機能を発揮していきます。
2.改定日
  平成25年6月27日(木)
3.新機構図
  こちらをご覧ください。pdf