文字サイズ

その他のお知らせ

2013/04/03

動産担保融資の取り組み強化について

 株式会社京葉銀行(頭取 小島 信夫)は、中小企業金融円滑化法終了後も引き続き、コンサルティング機能の発揮を通じて、より一層、県内企業への円滑な資金供給に取り組んでまいります。
 今回この取り組みの一環として、ABL(Asset Based Lending動産・債権担保融資)(※1)の活用を進めるため、株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン(代表取締役CEO:増田春彦 本社:東京都千代田区内神田1-1-14)(※2)と動産担保価値評価・動産換価に関する業務委託契約を締結いたしました。
 ABLの活用にあたっては、動産の評価や換価などに関するノウハウが必要となりますが、今回の契約締結により、株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンのアドバイスを受けながらABL(動産担保融資)の一層の活用を目指してまいります。

 京葉銀行では、今後も中小企業の経営改善や事業拡張等への支援を積極的に取り組んでまいります。

(※1)

動産・債権等の活用による資金調達手段。企業の事業に基づく様々な資産(売掛債権、商品在庫、原材料、機械設備など)の価値を見極めて行う融資。
(※2) 株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン:米国で100年以上に及ぶ動産活用の実績があるゴードン・ブラザーズ・グループと日本政策投資銀行、あすかDBJ投資事業有限責任組合が出資する企業。
  
【業務委託契約概要】
 業務締結日 平成25年3月26日(火) 
 締結業務内容 ① 動産の評価業務
② 動産の換価処分業務