文字サイズ

新商品&サービス

2013/01/31

「京葉銀行でんさいサービス」の取扱開始について

 株式会社京葉銀行(頭取 小島 信夫)は、平成25年2月18日(月)よりお客さまの利便性向上および事業者の資金調達の円滑化等を図るため、「京葉銀行でんさいサービス」の取り扱いを開始いたします。
 「京葉銀行でんさいサービス」は、一般社団法人全国銀行協会が設立した株式会社全銀電子債権ネットワークが電子債権記録機関として取り扱う電子記録債権(「でんさい」)(注)を当行が窓口金融機関となってご利用いただくサービスです。
 これまで、手形の発行・保管・搬送・取立などの事務負担や印紙税負担に悩まされていたお客さまに、「京葉銀行でんさいサービス」をご利用いただくことにより、事務負担・印紙税負担の軽減を図ることができます。また、手形割引のように「でんさい」を割引することにより、新たな資金調達手段とすることも可能になります。

(注) 電子記録債権:手形・売掛債権の問題点を克服した新たな金銭債権であり、電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、電子記録債権発生の要件となっています。
 
【京葉銀行でんさいサービス】
1.お申し込み受付開始日
2.お申し込み受付場所

3.ご利用可能開始日
平成25年2月4日(月)
京葉銀行の本支店・出張所
(成田空港出張所・成田空港第二出張所を除く)
平成25年2月18日(月)
 4. 概要 
商品概要 ・「アルファビジネスダイレクト(法人・事業者向けインターネットバンキング)」の契約が無くても、ご利用いただけます。
・「でんさいネット」に債権金額、支払期日等を記録することにより、電子債権を発生させ、事業者間での譲渡、当行からの資金調達(割引等)を可能とするサービス。 
ご利用可能口座 当座預金・普通預金
主なお取引 手形代替取引 発生記録 利用者番号や口座情報等で相手先を特定し、取引金融機関を通じて「でんさい」を発生させるお取引。(手形の振出に相当します。)
支払人(債務者)から受取人(債権者)に請求する債務者請求方式と、受取人(債権者)が支払人(債務者)に請求する債権者請求方式があります。
譲渡記録 「でんさい」の債権者(譲渡人)が、取引金融機関を通じてお取引先等(譲受人)に「でんさい」を譲渡するお取引。(手形の裏書譲渡に相当します。)
分割(譲渡)記録 「でんさい」は必要な金額だけ、譲渡を行うことができます。一部譲渡として、譲渡する債権額を指定するお取引。(手形には無い機能です。)
口座送金決済 支払期日に支払企業の口座から自動的に資金が引き落とされ、受取企業の口座に振り込まれるお取引。振込が完了すると「でんさいネット」の記録原簿に「振込等記録」として記録されます。
融資取引 でんさい割引 
※お申込みについては、当行所定の審査があります。
ご利用可能時間 月曜日~金曜日(祝日および12月31日~1月3日は除く)
当日取引 9:00~15:00
予約取引 9:00~17:00
ご利用手数料 発生記録 630円
譲渡記録 315円
分割(譲渡)記録 630円
※月額の基本手数料はかかりません。
※上記金額は、1件あたりに課金される税込みの手数料金額です。
※発生記録、譲渡記録、分割(譲渡)記録は予約が可能ですが、予約の時点で手数料が課金されます(予約が取り消された場合でも手数料は返金されません)。
※上記手数料は、請求者が課金対象者となります。
※お取引内容に応じ、上記手数料以外にも所定の手数料が発生する場合があります。
くわしくは専用ページでご紹介しております。(←こちらをクリック)

京葉銀行では、これからも安全でお客さまの利便性向上につながるサービスを提供して参ります。