文字サイズ

その他のお知らせ

2012/02/14

千葉市内の全店舗が応急手当普及協力事業所として認定される!!

  株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、 来店されるお客様の万一の事態に備え、救急救命に対する取り組みを積極的に行っておりますが、 平成24年2月14日(火)に千葉市内にある22の全ての有人店舗が、千葉市消防局の応急手当普及協力事業所として認定されたことをお知らせいたします。
 なお、平成24年4月を目処に船橋市・柏市など千葉市外(注1)にある31の有人店舗についても同様の認定を受ける予定となっています。

 (注1)船橋市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市内にある31の有人店舗  

 〔千葉市内22有人店舗等〕
  中央区   :本店営業部、本町支店、松ヶ丘支店、蘇我支店、西千葉支店、千葉ローンプラザ
  花見川区:幕張本郷支店、新検見川支店、さつきが丘支店、こてはし台支店、幕張支店
  稲毛区   :みどり台支店、稲毛支店、宮野木支店
  若葉区   :千城台支店、都賀支店
  緑区      :鎌取支店、誉田支店、土気支店
  美浜区   :海浜幕張支店、稲毛海岸支店、幸町センター


【救急救命に対するこれまでの主な取り組み】
1.平成21年  3月 全有人店舗にAED(自動体外式除細動器)を設置。
2.平成23年12月 普通救命講習Ⅰ(注2)の修了者の配置。
               AED設置全店舗に各1名以上の普通救命講習Ⅰの修了者を配置。
               ※普通救命講習Ⅰの修了者は累計227名。(平成23年12月末現在)

 (注2) 県内市町村を所管する各消防機関が、住民等に対し緊急時における応急手当の正しい知識と技術の普及を図るため定期的に開催している講習。


【救急救命に対するこれからの取り組み】
普通救命講習Ⅰの受講推奨のために、公益社団法人千葉市防災普及公社の協力を得て、平成24 年度採用予定者全員(114名)に対し普通救命講習Ⅰを実施する予定となっています。

以 上