文字サイズ

その他のお知らせ

2011/05/18

「節電への取り組み」の更なる強化について

~全店の電力使用を抑制・コントロール、本部にはエコフィルムを貼付~

 京葉銀行(頭取 小島信夫)では、更なる節電への対応として、各支店の利用電力の抑制・コントロールを目的として全店にデマンドコントローラー(注)を設置することとしますのでお知らせいたします。

 また現在、耐震工事を行なっている本店建物については、東面・南面への「日射調整・断熱・飛散防止フィルム(通称:エコフィルム)」の貼付を進めております。

 本フィルムは優れた断熱効果があり、夏は外から入り込む暑い熱を遮断し、冷房温度28度の高めの設定でも冷房効果がアップいたします。(冬は室内から逃げ出す暖かい熱を確保し暖房効果がアップ)これにより、年間電力使用量約3%の削減を見込んでおります。

 今後も「東日本大震災」に伴う夏場の電力不足が懸念され、社会的にも節電が求められており、今まで以上に積極的な取り組みを行ってまいります。

お客様には、大変ご不便をおかけすることとなりますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(注)デマンドコントローラー:電力の計測を行う装置。設定した電力値に近づくと警報が鳴るため、電力値のコントロールに役立ちます。


参考:節電への主な取り組み(平成23年5月18日現在)

  1. 店舗内・店舗外ATMの営業時間の短縮
     〔通常営業時間〕 8:00から21:00
     〔変更後営業時間〕8:00から19:00
      ※店舗外ATMは、原則8:00から19:00。(一部商業施設に設置のATMは通常通り営業)
      ※店舗外ATMの営業拠点については、震災被害のある箇所を除き、5月中に営業を再開。
  2. 全自動貸金庫(指静脈認証システム)の営業時間の短縮
     〔通常営業時間〕 8:00から21:00
     〔変更後営業時間〕8:00から19:00
  3. 店舗等室内の照明を制限
     (ロビー・事務室・廊下・階段等の蛍光灯の間引きおよび消灯、カウンター上の案内表示の消灯等)
  4. 店内ATM稼動台数の調整(お客様の利用状況により調整)
  5. 店舗に設置している電飾看板・ポスターの順次消灯
  6. 空調管理の徹底(設定温度28度程度)
  7. エレベーターの利用を制限
  8. エレベーターホールの照明を消灯
  9. 行員による給湯器の利用中止


以  上