■掛金は自由に拠出できるのでしょうか?

 企業型の場合、企業が拠出しますが、平成24年1月1日以降、加入者(従業員)も拠出できるようになりました。個人型の場合は、加入者が自ら掛金を支払い、国民年金基金連合会を経由して資産管理機関に払い込まれることになります。個人型に加入資格のある企業の従業員が加入する場合は、掛金が給与天引きされ、国民年金基金連合会を経由して資産管理機関に払い込まれることになります。個人型では、拠出できるのは加入者だけであり、企業などからの上乗せ拠出は認められていません。

 また、拠出できる掛金の上限額も決められていますので、限度額の範囲内で上記ルールに基づいた掛金の拠出が行われることになります。