■加入者は、制度的にどのように守られているのですか?

 確定拠出年金法では、事業主は加入者のために忠実にその業務を遂行しなければならないことになっています。運営管理機関や資産管理機関についても同様の忠実義務が定められています。これ以外にも、損失補てんや特定の人へ利益を与えた場合には罰則が定められており、加入者の保護が図られています。

 また、資産管理機関では分別管理を行うことで加入者の年金資産を保護する仕組みになっています。