■掛金の上限はいくらですか?

 「企業型」で企業が従業員1人当たりに拠出できる年間掛金合計の上限は、既存の企業年金を実施している企業の場合330,000円(月額27,500円)、既存の企業年金を実施していない企業の場合660,000円(月額55,000円)となっています。「個人型」の年間掛金合計の上限は、自営業者などの場合、国民年金基金に拠出している年間掛金額と合算して、816,000円(月額68,000円)、個人型に加入できるサラリーマンの場合276,000円(月額23,000円)となっています。

 確定拠出年金に拠出する掛金は、企業型については、企業が拠出した掛金の全額が企業の損金に算入され、企業型における従業員の拠出金額および個人型における拠出金額は全額、所得控除となります。また、運用で発生する利子・配当などの運用収益も非課税です。