個人年金とは、ゆとりある老後の生活を送るために、個人で加入する私的年金の総称です。最近では、少子高齢化に伴う公的年金の給付額切り下げや、支給開始年齢の引き上げ問題が、よく話題に上っています。不安を抱かず老後生活を送るための自助努力の一環として、個人年金に加入されている方も多いことでしょう。

 個人年金には、生命保険会社のような保険形式をとっているものと、個人年金信託や財形年金のような貯蓄形式をとっているものがあります。また、加入時に年金額が決まっている定額個人年金と、運用の成果によって年金額が決まる変額個人年金があります。
 税制面の優遇措置もあります。保険形式の年金では掛金が生命保険料控除の対象、貯蓄形式の年金では一定額まで利子所得が非課税とされています。
 
 最近では、色々と工夫された個人年金保険も販売されており、将来のことを考えて保険商品の勉強もしてみてはいかがでしょうか。