■ 主な年金の種類

年金種類
対象者
概要

国民年金

20〜60歳の全国民
全国民が加入する義務のある年金制度で1階部分。
厚生年金
会社員や公務員等
(第2号被保険者)
会社員や公務員等が加入する年金で2階部分。給与天引きされる厚生年金保険料の中から、同時に国民年金保険料も支払われています。
国民年金
基金
自営業者等
(第1号被保険者)
自営業者など国民年金の第1号被保険者の方々が、会社員などと同様に「2階建て」の年金を受け、豊かな老後を過ごせるよう設立された公的な年金制度で、加入は任意です。
個人年金
加入意思のある方
個人の意思で加入する年金。主に生命保険会社が取り扱っている金融商品として位置付けられます。

 国民年金、厚生年金、国民年金基金は確定給付型の年金です。確定給付型の年金とは、あらかじめ決められた年金が支給される仕組みの年金制度のことです。このタイプの年金は、年金の運用成績が良くても悪くても、決められた支給条件(予定利率や支給期間など)に基づいて計算された年金額が受給者に支払われることになっているのが特徴です。
 個人年金には、加入時に年金額が決まっている定額個人年金と、運用の成果によって年金額が決まる変額個人年金があります。