運用成果の評価にあたっては、現代投資理論の唱えるリスクとリターンのトレードオフの関係による客観的なアプローチが必要になります。つまり、リターンを得るにあたって負担したリスクを考慮した、リスク調整後リターンによるパフォーマンス評価が必要になるのです。このようなパフォーマンス測定の代表的なものとして、「シャープの測度」、「トレイナーの測度」、「ジェンセンの測度」などがあります。

現代投資理論の唱えるリスクとリターンのトレードオフの関係って何?