■資金需要と金利

 お金を借りたい人が多くなると、より高い金利を支払ってでも借りようとするため、お金の価値が上がり金利は上昇します。逆に、お金を必要とする人が少なければ、お金の価値は下がり、金利は低下します。