■金利とは

 ふつう、お金の貸し借りには「金利」がつきます。言い換えるとお金の使用価値を表わすのが金利ということになります。

 例えば、Aという人が、当面使う予定がない100万円のお金を持っていたとします。一方、Bという人は、事業拡大のために、新たに100万円のお金が必要だとします。仮に、BがAからお金を借りようとすれば、その100万円の使用料を支払わなければなりません。それが金利です。