保険会社は、さまざまな保険契約上の危険負担に備えて準備金を積み立てています。なかでも、保険業法によって積み立てが義務付けられているのが「責任準備金」です。

 保険料のうち純保険料は将来の保険金支払いに備えて積み立てておかれ、この積立金を責任準備金といいます。

 満期保険金の支払い財源となる積立部分は、原則的には満期まで支払う必要がないため、それまで積み立てて運用しなければなりません。また、死亡保険金の支払財源となる部分は、保険料設定が平準化されているため、保険期間の前半での余る部分は後半の不足を補うため積み立てておかねばなりません。