当座預金

 主に企業が、小切手や手形の支払代金の決済口座として利用しています。当座預金は、法律により利息を付けることが禁止されています。預け入れ、引き出しとも自由にできますが、資金の引き出しには、小切手などを用いることになっています。

 なお、当座貸越契約を結んでおけば、一定限度額まで融資を受けることができます。ちなみに、当座預金の残高を超えた手形・小切手の決済があると、決済ができなくなり、「不渡り」になります。この不渡りが2回起こると銀行取引停止となり、いわゆる「事実上倒産」になります。