■商品見直しのポイント
 
 商品の見直しをするポイントはいくつかありますが、そのうちの1つは、金融マーケットの環境が大きく変化した場合です。また、年齢に応じて、リスク度合いを調整するために、見直すことも必要です。

 ただし、あまり頻繁な預け換えはコスト等がかかる場合もあるので、長期的な視野に立った上で商品の見直しを考えていくようにしましょう。