確定拠出年金の加入者は、運用開始後、運営管理機関が提供する情報をもとに、運用成果を確認します。
 
 ここで、想定外の状況(損失等)が発生したり、発生するおそれがある場合には、商品の見直しを検討する必要が生じます。
 
 なお、運営管理機関は、運用商品の預け換えを、少なくとも3カ月に1回以上の頻度で受け付けます。

商品見直しのポイント