■リスク分散の方法
 
 リスク分散の代表的な方法は2つあります。一度に投資せず何回かに分けて投資する「時間の分散」と、リスクの異なる金融商品に分けて投資する「投資対象の分散」です。

 確定拠出年金などの場合、加入者は長期にわたって定期的にお金を積み立てることになりますので、「時間の分散」は機械的に行われることになります。したがって、「投資対象の分散」について十分に検討することになります。