■目的の明確化
 
 ポートフォリオを組むにあたっては、その目的が何なのか、運用する期間はどれくらいなのかをあらかじめ明確にする必要があります。旅行や新車を買うのが目的であれば、目標の金額もある程度決まっているでしょうし、運用する期間も比較的短期で5年や10年も運用するケースは少ないでしょう。しかし、確定拠出年金などの場合は、その目的は、老後の生活資金の確保であるため、長期的なスタンスで商品を選ぶことになります。