資産運用を考える場合には、そのお金が「何のために」「いつ頃までに」「どのくらい」必要になるのかを、明確にすることが大切です。その上で、必要な資金を「流動性資金」「安全性資金」「収益性資金」の3つに分類して、計画を立てましょう。

 金融商品もまた、流動性、安全性、収益性のいずれに優れているかで、分類することができます。金融商品の特性を知れば、資金の性格に合わせたものを選べるようになります。

  個人の資金と金融商品の特性