加入者の属性(住所、氏名など)が変わった場合は、速やかに運営管理機関に変更の届出を行わなければなりません。具体的な手続きに関しては運営管理機関によって異なる場合もありますので、よく確認しましょう。


 また、確定拠出年金制度に加入する会社員が転職した場合または自営業者・専業主婦などになった場合は、運営管理機関に変更の届出を行わなければなりません(この際には、資産が移換されます)。