ここでは、個人型のしくみをみてみることにしましょう。

 加入方法
 
 掛金の流れ
  
 運用商品の選択
  
 商品の運用