■企業型の掛金の流れ
 
 毎月の掛金は企業が負担し、企業によって資産管理機関に支払われることになります。企業が負担する掛金の限度額は、下記に示したとおりです。なお、平成24年1月1日以降加入者自身が掛金を拠出することもできるようになりました。
(掛金の限度額)
確定拠出年金と既存の企業年金の両方を導入している企業の場合の上限額
   年額306,000円(月額25,500円)
確定拠出年金のみ導入している企業の上限額
   年額612,000円(月額51,000円)