自営業者が受け取ることができる年金は国民年金だけで、国民年金に加えて厚生年金を受け取ることができる会社員や公務員と比べると、老後に受け取る年金額が少なくなってしまいます。国民年金基金は、このような状況を解消することを目的に設立された年金制度です。
 
 国民年金基金は、国民年金の上乗せとなる公的年金として位置付けられ、国民年金基金連合会という公的な機関が制度の運営を行っています。加入に関しては、任意加入となっています。20歳以上60歳未満の自営業者などで、国民年金の保険料を納めている人であれば、誰でも加入することができますが、任意に脱退することはできません。また、保険料が所得から控除される等の税制上の優遇措置があり、毎月68,000円(確定拠出年金の掛金との合計)を上限として掛金を払い込むことができます。