■ 厚生年金の支給額は?

 老齢厚生年金は、原則として65歳から支給されます。その額は、現役時代の月収と厚生年金保険料等を納めた期間によって決まります。

 60歳以上65歳未満の間に、性別および生年月日によって、特別支給の老齢厚生年金等を受給することができる場合があります。特別支給の老齢厚生年金等には、保険料の納付期間によって決められる定額部分と、現役時代の月収と保険料納付期間に応じて決められる報酬比例部分があり、両方を受給できる場合と、報酬比例部分のみを受給できる場合があります。

 なお、65歳以上の人は、老齢厚生年金と老齢基礎年金の2つを受給することができます。また、定額部分を受給している期間および老齢基礎年金を受給している期間は、一定の年齢の配偶者や子供がいれば、加給年金が支給されることがあります。