■ 支給開始年齢

 国民年金は、受給資格期間さえ満たしていれば、支給開始年齢の65歳より前であっても、年齢を繰り上げて支給を受けることができます。しかし、支給される年金額は、早く支給される分繰り上げる年齢に応じて減額されてしまい、その減額された額が受給期間中ずっと続くことになります。具体的な減額率は、仮に昭和16年4月2日以後に生まれた人が60歳から支給を受ける場合は、65歳から支給を受ける場合に比べて30%減額された支給額を60歳から受け取ることになります。

 逆に、65歳以降の希望する年齢から支給を受けることもできます。この場合は遅く支給される分年金額が増額されることになります。例えば、昭和16年4月2日以後に生まれた人が70歳から支給を受ける場合は、65歳支給のケースの142%に増額されます。