預金保険制度とは金融機関が経営破たんした場合預金者等を保護し、また信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。

 預金保険制度への加入が義務付けられている金融機関は、『預金保険機構』に保険料を積み立てています。金融機関が経営破たんし、なおかつペイオフの発動が回避できなかった場合には、加入金融機関の保険料を原資として、1預金者当たり1,000万円までの元本とそれに伴う利息相当額が保険金として預金者に支払われます。このように、金融機関が経営破たんした場合に、預金等の払戻保証(預金者に対する保険金の支払い)を一定額までとする措置を、一般的にペイオフといいます。

預金等の保護の範囲
外貨預金や投資信託は?
資金援助方式とペイオフ方式
証券会社の場合は?
保険会社の場合は?