■ 為替の損益(外貨と円貨との関係)

 為替変動リスクは、円と外貨を換金するときに発生する問題です。為替が外貨に対して円安になれば、その分、円での受け取り額が増えて利益が拡大します。反対に、円高になれば、円での受け取り額が減少し損失を被ることになります。
 
 たとえば、1ドル=100円のときに100円で1ドルの外国の金融商品を買った場合、その後その1ドルの商品を円に替えようと思った時に、1ドル=90円なら90円しか手に入りません(10円の為替差損)し、1ドル=110円なら110円が手に入ります(10円の為替差益)。