■会社の財産を分配してもらう権利(残余財産分配請求権)

 会社の経営が破たんするなどして解散しなければならなくなった場合に、借金などを返済した後に残った財産を受け取る権利のことです。もし、借金のほうが会社の財産より多い場合は、分配されませんが、株主の責任は出資額(投資額)に限定されますから、それ以上の金額、例えば会社が返済できない借金を株主が肩代わりして返す義務はありません。