■債券の利子

 債券は、一定の利子を定期的に支払った上で、満期時には額面金額を返すことを約束する証券です。多くの債券は固定利付債であり、最初に約束された利率は、その後の金利水準の変化によって変動することはありません。
 
 例えば、額面100万円、年3%の利率で発行された10年満期の固定利付の債券は、年3万円の利子が約束されており、10年間の税引前利子の合計は30万円となります。この額は満期まで、他の預貯金等の金利が変化しても変わることはありません。