普通預金

 銀行、地方銀行、信用金庫など民間の金融機関が取り扱っている預金です。期間の定めがなく、いつでも1円単位で出し入れできます。給与・年金の自動受け取りや公共料金などの引き落とし、クレジットカード代金の支払いなどの指定口座とすることができます。

 預け入れ限度額はありませんが、預金保険制度による全額保護の対象とならないため、万が一、金融機関が破たんした場合には、預金者1人当たり、1,000万円までの元本とその利息等しか保護されません。

 なお、貯蓄預金との間で、一定期間ごとに一定額の資金を自動的に振り替える自動スウィングサービスを利用することもできます。預金者にとってはお財布代わりの口座といえます。