現在のような超低金利の局面においては、預貯金は金利面からみれば「ふやす」のではなく「ためる」手段にしかなりません。しかし、安全性という面では「万人向け」の商品といえます。また、ライフプランの夢を実現していくための元手資金づくりの第一歩の商品としても有効です。
 
預貯金の種類