■老齢給付金、障害給付金、死亡一時金

 
 「老齢給付金」と「障害給付金」は、原則、5年以上の有期または終身年金として支給されます。ただし、規約に定められている場合、全部または一部を一時金としてまとめて受け取ることもできます。
 なお、確定拠出年金は、途中解約や、借入金の担保にすることは認められておらず、原則として、60歳になるまで受け取ることはできません(専業主婦になるなど、脱退後に確定拠出年金制度に加入し得なくなる人については、通算拠出期間が1カ月以上3年以下または資産50万円以下などの条件を満たした場合に、脱退一時金として請求することができます)。

老齢給付金
年金の受け取りは運営管理機関に申請し、資産管理機関から加入者に給付金が支給されます。
老齢給付金は60歳から年金として受け取ることが可能です。
規約に老齢給付金の一部または全部を一時金で受け取ることが定められている場合は、一時金で受け取ることも可能です。
老齢給付金の支給申請は70歳までに行う必要があります。
70歳までに老齢給付金の支給申請がない場合は、記録関連運営管理機関の裁定に基づき資産管理機関から加入者に給付金が支給されます。
加入期間が10年に満たない方は、老齢給付金の受給開始年齢が60歳以降になります(8年以上10年未満:61歳から、6年以上8年未満:62歳から、4年以上6年未満:63歳から、2年以上4年未満:64歳から、1カ月以上2年未満:65歳から)。
障害給付金
死亡一時金
給付の裁定は記録関連運営管理機関が行い、その裁定に基づいて資産管理機関から加入者に給付金が支給されます。
加入者が障害者の認定を受けた場合は、障害給付金を年金または一時金で受け取ることが可能です。
加入者が死亡した場合は、その方の遺族に対して支給されます。