■雇用の流動化
 
 日本の労働市場は、大きな転換期を迎えており、わが国の雇用慣習であった終身雇用制度が崩れるとともに、若年層を中心に雇用の流動化が進んでいます。
 
 そのため今後、離転職者の増加が見込まれる日本では、時代の流れに対応した年金制度の導入が必要となってきているといわれています。


 

転職希望者率の推移