閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

金剛石目塗

金剛石目塗(こんごういしめぬり)

産地:静岡県静岡市駿河区大坪町

金剛石目塗は、初代鳥羽清一(硬忍)の漆器制作に砂を使うという画期的な発案に始まります。大正13年(1924年)試行錯誤の末、独自の下地法「砂の蒔地」を完成させました。この技法の特長は木製品などの素地に漆と良質の砂を使って堅牢な下地層を作ることです。「砂の蒔地」は歴史的にも全国的にも金剛石目塗だけのものです。現在は、三代目鳥羽俊行によりガラスと漆を調和させた「うるしのグラス」が作られるようになりました。これは、グラスに金箔やホワイトゴールド箔(金と銀の合金)等をはり、その上を金剛石目塗独自の砂の石目にしたのち、仕上げの漆を塗ってできあがります。漆のドレスをまとったグラスは、酒席に彩りを加えてくれます。