閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

江戸切子

江戸切子(えどきりこ)

産地:東京都

江戸切子は、天保5年(1834年)、江戸大伝馬町のビードロ問屋加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが始まりと言われています。明治時代に英国人エマニエル・ホープトマンの指導により、現代に伝わる伝統的ガラス工芸技法が確立されました。現在では、菊や麻などの植物や、籠目・格子などの江戸の生活用具を図案化したものが伝統文様として受け継がれており、透明なガラス地の表面に色ガラスの膜を被せ彫った「色被せ」が主流となっています。江戸切子は、町民文化の中で育まれ優れた意匠の美しさと品質を現代社会に伝えています。